Peters Works Weblog

データロガー(電池測定)

ようやく当初の目的の劣化したニッケル水素電池の測定です。
この中で劣化の程度が良く判らなくなってしまったSANYOの単三形4本(HR-3UF 1.2 V Min 2,300 mAh)。けっこう持つ場合もあるしダメな場合もあって状態が良く判らない。
dscn0039

データロガーで放電電圧を計測してみると
― 1本目(グラフ:赤),2本目(グラフ:黄)
sanyo1and2
― 3本目(グラフ:赤),4本目(グラフ:黄)
sanyo3and4

4本のうち3本目が劣化が少なく、残り3本は1.3 ohm負荷で出力電圧が1 volt程度と(期待値は定格の1.2 V)かなり劣化していました。ログからエクセルで容量を計算(積算)してみると結果は次のとおり。
————————————————-
1本目  2本目  3本目  4本目  :意味
————————————————-
1,550  1,290  2,460  1,410  :積算した電力容量(mWh)
1,290  1,080  2,050  1,170  :1.2 Vでの容量(mAh)(mWh / 1.2 V)
1.09   1.00   1.23   1.02   :平均電圧(放電時10分~60分間の平均電圧,V)
————————————————-
元の定格が 2,300 mAh で、これに対する割合でいうと次になりました。
56%   47%   89%   51%

3本目はあまり劣化してなかった。出力電圧も良い状態でした。使っていて状態が良く判らなかったのは4本ともだいたい同じと思い込んだせいですね。ちょっとすっきり。。。

データロガー(電池測定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る
Translate »