iPhone4SのWiFiグレーアウト

前回「iPhone用スピーカードック」の続きです。iPhone4S入手後、テストするとWiFiが繋がらないです。設定画面を見てもグレーアウトして有効にできません。

なんだこれ?調べると、次のような記事多数です。この機種固有の持病のようです。
「iPhone4s wifi が グレーアウトして使えなくなる・・・」
「グレーアウトして、Appleで有償で本体交換して3日後に再度グレーアウト。お金返して。」
「iPhoneを開けてwifi周り以外をアルミホイルでカバーした上でヒートガンで加熱してハンダを再溶融させて復旧。」
wifiチップの発熱で、チップのハンダ接触が不良になるやつらしい。熱設計失敗作?

ここは先駆者に習ってヒートガンで修理します。ここからが長かったというか、一応収まった感じなのですが、念のため確認中の状態です。
・一回目修理 あっさり復帰、よかった~。。。でも1週間ほどで再発(wifi設定グレーアウト)
・二回目修理 過熱不足だったかな、再度しっかり過熱して、復帰しました。よかった~。。。でも1週間ほどでまた再発
・三回目修理 さすがに何かおかしい、あけてよく見るとwifiチップから背面ケースに熱を逃がす構造のようで、薄い熱伝導シートがチップと背面ケース間に貼ってあるのですが、これが劣化したのか?試しにシリコングリスを付けてみました。ヒートガンで加熱復帰後、慎重に観察、背面が熱いです。肌につけていたら低温やけどレベル。残念ながら数週間で再発しました。
・四回目修理 この薄い熱伝導シート(写真■)の代わりに、同じような厚みのアルミ0.5t(写真□)に替えてみます。アルミ0.5tから切り出しですが、薄いので金切りばさみでちょっきんですが、ゆがみをとって平面にする必要ありです。再度ヒートガンでwifiチップ過熱後、アルミ0.5tの両面にシリコングリスを付けて組立てます。

接触OKかどうか、念のため組み立て後に開封して、シリコングリスの具合を確認します。まぁ大丈夫かな?このあと、再度組み立てました。

これで収まったのかまだ分かりませんが(^-^;) 、動作中の背面はぬるくなったようで、しばらく様子見中です。1週間ほど毎日radokoしてますが、背面はぬるいままなので大丈夫そうです。一応OSはiPhone4s最終で(iOS9.3.5)、余分なwifi動作は無し(アプリ通知をオフ、バックグランド更新もオフ、radikoだけ)にします。
これでまた再発するようなら、さらに放熱性良くする必要ありですが、どうするかなぁ?
それにしても当時の記事からは、appleの修理一点張りだったようです。wifi基板交換と思われますが、ちゃんと復帰するには背面側との接触性しだいと思われます。


上、ヒートガンでwifiチップ過熱中の写真です。
・wifiチップ以外はアルミホイルでカバー、念のため金属バーでサイドを押さえる。
・ヒートガンは固定して、wifiチップから一定距離にする。(写真ではヒートガンの口から10cm程度)
・ヒートガンは1500W(強/弱)の弱を使用
・事前のダミー基板でIC剥離時間がどの程度かテストをしたところ2分程度過熱でIC(BGAチップ)が基板から剥離できました。本番はちょっと長めで3分過熱しました。
・ダミー基板から剥離させたCPU、トランスメタ クルーソーのTM5600です。(トランスメタ、知っている人います? その昔、このマザーの攻略かなわずでした。心残りだったけどね。)

で、肝心のradiko操作性改善ですが、、、毎週のようにヒートガンで修理で、どうでも良くなってきた感なのですが、多少は良いかな?です(*′Д`)ノ゛

追記 2019-8-7
またしてもWiFiグレーアウトしてしまいました。ここのところ酷暑で使っていたからなぁ・・・
放熱効果の高いシリコングリスを思案中ですが、本体購入費より高いのが難点。

追記 2019-11-2
その後、再トライしたのですが、復活せずです。
さすがにやりすぎで壊してしまったようです。(´・ω・`)ショボーン
でも、スピーカードックにiphone4Sの組み合わせでRadiko専用として使いたいので2代目iPhone4Sを購入しました。こちらは今のところ幸い?にもWiFiグレーアウトは起こらずの個体のようです。

追記 2019-11-3
その昔にはやった?廃品活用でPGA-Processorをアクセサリーにするというネタ?がありました。剥離させたBGA-Processorのトランスメタ クルーソーTM5600ですが、アクセサリーにしてみました。チップが小さいので、Backpackにぶら下げて、お気に入りとなってます。 (*´∀`*)…
いつかメルカリにでも出品してみようかと思ってます。売れるかな?(*´∀`*)ネタデスヨ

Original accessory

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です